生きていく上で、「春巻き」の意味合いってどうなんだろう。興味無いと言えるだろうか。「悲しみ」は、君にとっては何なんだろう。

薄暗い水曜の夕暮れは目を閉じて

天空と大河、そしてカマイタチ


HOME



そよ風の吹く祝日の午前は食事を


離れた生家に住んでいる俺のお母さんもたまらなくかわいいらしい孫のためとして、ものすごくたんまりお手製のものを作成して送ってくれている。
アンパンマンがたいそう大好きだと伝えたら、そのキャラクターの生地で、作ってくれたが、裁縫するための布の金額がとても高額できっきょうしていた。
生地は横、縦、上下のキャラクターの方向が存在していて手間だそうだ。
しかし、色々、作成してくれて、送ってくれた。
小さな孫はたいそうかわいいのだろう。

目を閉じて跳ねるあの子と花粉症
山梨の甲府は果物の国と言われるくらい、果物生産が盛んだ。
日本では珍しい海のない県で富士山などの山々に囲まれている。
そのために、漁もできなければ米の栽培もまったく盛んではない。
そこで、山梨県を仕切っていた殿様、柳沢吉がフルーツ生産を提案したのだ。
他県よりも名産が欲しかったのだろう。
大きな盆地の、水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は美味しい果物を実らせる。

息もつかさず走る母さんと季節はずれの雪


このごろ、小説をぜんぜん読まなくなった。
30前の時は、かかさず読んでいたけれど、今は、仕事があるし、小説を読む時間をとりにくい。
もし時間があったとしても、ゆっくりと好きな小説を読むという気持ちになかなかなれないので、見ていたとしても楽しく感じられない。
しかし、ものすごくはまってしまう小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きだから、二人が賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の世代の輝いている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
けれど、純文学なのだからと無理やり分かりにくい言葉を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

熱中して熱弁するあの人と飛行機雲
本日の晩御飯は家族と外で食べる事になっているので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と夕方にはいろいろと考えていた。
パスタやオムライス、ソフトクリームやチョコパフェ、などなど、メニュー一覧には何があるのかも楽しみだった。
場所は近くのファミレスだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉さんは少年の横で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車から飛び降りると、ドキドキしながら入り口の扉を真っ先に開けた。

怒ってお喋りする兄さんと俺


村上春樹の本が楽しいと、周りの人々のプッシュを聞いて、買ったのがノルウェイの森。
ノルウェイの森は、外国でも多くの人に知られ、松山ケンイチ主演での映画化もされた。
彼の話は、歯切れがよく、サクサクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との間でゆれる、ワタナベは、実際、生死のはざまでゆれているようだ。
そのテーマを取り除いても緑も直子も魅力があると思った。
そして、キズキや永沢さんやレイコさんという人物が加わる。
全て魅力的で個性的で陰の部分を持ちあわせている。
相当前に知った文庫本だが読みたいかも!と思い、読んだことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと思ったシーン。
で、直子がうらやましいと思った。

具合悪そうに踊る家族と壊れた自動販売機
午前中、時間にゆとりがあったので、HMVに来店した。
新たにipodに入れるミュージックを見つけ出すため。
この春、頻繁に楽しんだ曲が西野カナ。
常に聞いているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽もクールだと思う。
そう思い立って、今回借りたのは、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘いボイスとフランス語が良い感じだと思う。

騒がしく叫ぶあの子と濡れたTシャツ


一人の人間のおおよそが水だという研究結果もあるので、水の摂取は一つの体の重要点です。
水の摂取をしっかり行い、皆が健康的で楽しい夏を過ごしたいですね。
輝く光の中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、いつもそんなに外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気にかけてしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取についてです。
当然、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期は例外かもしれません。
なぜならば、たくさん汗を出して、知らないうちに体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の具合も関係するでしょう。
ともすると、自分が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の体に出るといっても言い過ぎではないかもしれません。
ちょっとだけ歩くときにも、小さなもので大丈夫なので、水筒があればとても経済的です。
一人の人間のおおよそが水だという研究結果もあるので、水の摂取は一つの体の重要点です。
水の摂取をしっかり行い、皆が健康的で楽しい夏を過ごしたいですね。

怒って歌う友人とファミレス
一時期、体の調子が悪い上に、食事と、眠りの中身が変だったので、口内炎が増した。
これはヤバいと思い立って、食生活を意識し、肌ケアに役立つ事をやろうとリサーチした。
数多くの雑誌で勧められたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
しばらくたった今でも毎晩飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンが豊富に含まれているという。
コンディションとビューティーは結局ビタミンから作りだされるのかもしれない。

雨が上がった平日の深夜に椅子に座る


本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手なので、つまらなそうに体操服を着ていた。
おそらく今日は、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつのだろう。
今日はおそらく、運動は何でもこなすケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるだろう。
そうなると、少年憧れのフーコちゃんも、ケンイチ君のすごい所を見ることになるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、運動場へ向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方を何度も見ていたのを、少年は気がつかなかった。

夢中で踊る母さんと紅葉の山
私は肌がまったく丈夫でなく、ちょっとしたことでかぶれる。
それに、ボディーシャワーの肌にこびりつく感覚が気に入らない。
でも、冬は思いっきりしっかり乾燥するので、添加物の少ないスキンローションを使っている。
その品のガッカリな部分は、価格設定がとても高く、なかなか買えないところだ。




Copyright (c) 2015 天空と大河、そしてカマイタチ All rights reserved.

▲TOP